シニア

快適な老後生活を送る|老人ホームの選び方を紹介

車椅子でも乗りやすい車

車椅子

乗降や運転が簡単に

身体の不自由な方にとって、自動車は快適に目的地へと移動できる手段の一つです。ところが市販の自動車の多くは、健常者が乗り降りできるよう設計されています。身体が不自由な方には乗り降りが難しいのが実情です。こうした課題を解決したのが、福祉車両と呼ばれるものです。身体が不自由な人でもスムーズに乗り降りできるよう、自動車のボディや構造に改造を加えているのが特徴です。例えば車椅子ごと車内に乗り込める自動車などが知られており、他にも乗降口がスロープになっている介護事業者用のミニバンなども福祉車両の一種です。運転を快適にするための支援装置が取り付けられた自動車も福祉車両と呼びます。怪我などでハンドルをうまく握れない人にとって、運転はとても難しいものです。そこで力が入らない人でもハンドルを握れるよう形状を改良したり、右足以外でも加速できるようアクセルペダルを改修したものもあります。これらの福祉車両を手に入れるには、市販されているものを購入する方法と、使用する人に合わせて改修をお願いする方法とがあります。市販されているものを購入する場合には、カーディーラーなどで問い合わせて福祉車両として販売されている車体を注文します。大手の自動車メーカーであればほとんどがラインナップを揃えており、身体が不自由な人向けの基本的な機能も備わっています。より自分の用途に合う車体が欲しいのであれば、自動車工場に改修を依頼します。専門の自動車工場が依頼主の身体の状態に合わせて必要な改修を施してくれます。